Paliaに関する記事のまとめはこちら ≫
PR

イワーク、ハガネールの性能は?厳選するべき?

ゲーム攻略

こんにちは!トープ洞窟のBGMが大好きなラビです。

11月14日から新ポケモン「イワーク」と「ハガネール」が実装されました!

タケシの相棒で有名なイワーク、ものすごい大きさでインパクトがありますよね…!

今回はイワークとその進化形であるハガネールの性能と厳選すべきかどうかについて私の見解をお伝えしていこうと思います。

今回の記事でわかること
  • イワーク、ハガネールの性能
  • 睡眠タイプと出現エリア
  • イワーク、ハガネールは厳選すべき?

©2023 Pokémon. ©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Pokémon Sleep is developed by SELECT BUTTON inc.

当ブログで使用しているゲーム内画像の著作権およびその他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。

イワーク、ハガネールの性能

イワークとハガネールはきのみを得意とするポケモンです。

イワークはいわタイプなのでオボンのみを2個、ハガネールははがねタイプなのでベリブのみを2個拾ってきてくれます。

進化でタイプが変化するので育成時は注意が必要です!

メインスキルは「食材ゲットS」。スキルレベル1のときに発動するとすでに入手したことがある食材をランダムで6個入手します。

ラビ
ラビ

イワークから育てたハガネールは8個持ってきてくれます。

スキルレベルアップM持ちなら14個、レベルMAXでは21個です!

初期食材食材(レベル30)食材(レベル60)
あんみんトマト×1あんみんトマト×2あんみんトマト×4
マメミート×2マメミート×3
ほっこりポテト×3
進化前進化後進化条件
イワークハガネールメタルコート×1
つながりのヒモ×1
イワークのアメ80個
イワークハガネール
おてつだい時間3,100秒3,000秒
最大所持数22個25個
数値はサブスキル・進化の影響がないものとする。おてつだい時間はレベル1の時点。

イワーク、ハガネールの睡眠タイプ

イワーク、ハガネールはぐっすりタイプでリサーチ可能です。

イワーク、ハガネールの出現エリア

出現エリアは以下の通りです。

エリア名イワークハガネール
ワカクサ
シアン
トープスーパー2~マスター2~
ウノハナ
ラビ
ラビ

トープ洞窟で出会えます!

イワーク、ハガネールは厳選すべき?

イワークはオボンのみを2つ、ハガネールはベリブのみを2つ拾ってくるきのみタイプのポケモンです。

個体によってはレアな食材「ほっこりポテト」をレベル60で開放することもできます。

きのみタイプでありながらメインスキルの「食材ゲットS」で食材集めにも貢献できます!

ただし、進化回数が1回であることからメインスキルのレベルを上げるには「メインスキルのたね」やサブスキル「スキルレベルアップS/M」が必要になります。

イワークは第2世代から進化先が追加されたポケモンのためなのか、無進化ポケモン並みの性能を持っています。トープ洞窟で即戦力になれるポケモンです。

現時点で、いわタイプ唯一のきのみ得意ポケモンなのでトープ洞窟での戦力が欲しい人はぜひゲットしておきましょう。

進化後のハガネールははがねタイプ唯一のきのみ得意ポケモンになります。ベリブのみが好きなきのみ固定のフィールドは実装されていませんが、ベリブのみは基本獲得エナジーが高いのでレベルを上げればどのエリアでも活躍できそうです。

イワークのままトープ洞窟で活躍させて、ベリブのみが好きなカビゴンが実装されたらハガネールに進化させるというのも良いかもしれませんね♪

厳選するときの注意点

イワーク、ハガネールを厳選するときの注意点がいくつかあります。

  • ぐっすりタイプでしか出現しない
  • 必要フレンドポイントが高い
  • 野生の場合、進化後は最大所持数が少ない
  • 進化に必要なものが多い

ぐっすりタイプでしか出現しない

イワーク、ハガネールはぐっすりタイプでないと出現しません

狙ってぐっすりタイプを出すには硬い床の上に端末を置いて睡眠計測をするのがおすすめです。

ただし、長時間ぐっすり判定を受けると補正されて以下のようなことになるので気をつけましょう。

ラビ
ラビ

ちゃんと寝たのにスコア71…。

必要フレンドポイントが高い

イワークはたねポケモンでありながら必要フレンドポイントが16とかなり多めです。

進化せずとも即戦力になれるポテンシャルの高いポケモンですが、正直厳選するのはかなり難しいです。

特に無課金の場合はサブレの使い道も慎重になるので厳選にこだわりすぎないようにしたいところ。

ラビ
ラビ

2~3匹捕まえた中から良い個体を選ぶくらいがちょうど良さそうです。

野生の場合、進化後は最大所持数が少ない

すでに進化しているハガネールは野生の場合最大所持数が少ないです。

最大所持数は食材タイプ・スキルタイプのポケモンには重要な項目です。

きのみタイプのポケモンへの影響は控えめですが、少ないよりは多いほうがいいでしょう。

野生で捕まえた場合イワークから育てた場合
ハガネール最大所持数25最大所持数30

ポケモンスリープではプレイヤーがアメをあげて進化させたポケモンは最大所持数が5追加されます。

なので食材・スキルにも期待をする場合厳選するのであればイワーク一択です。ハガネールになる頃には最大所持数が30(サブスキルの恩恵なしの場合)になります。

ラビ
ラビ

とはいえきのみタイプなので最大所持数にそこまでこだわる必要はないです。

また、野生のポケモンのメインスキルのレベルは1で固定されています。

「食材ゲットS」はレベル1では食材を6個入手できますが、1回の進化でレベル2にすれば8個入手できるようになります。

必要フレンドポイントも多いので進化形にサブレを使うのは避けるのが無難です。

進化に必要なものが多い

イワークからハガネールへの進化にはイワークのアメだけではなく、メタルコートつながりのヒモが必要になります。

進化にアイテムを要することは今までもありましたが、2種類のアイテムを一回の進化に併用して使うのは今回が初めてです。

つながりのヒモもメタルコートもスリープポイント交換所で1,400SPで交換できます。

つながりのヒモはフレンドとの親密度をあげることでも入手できるので、まだフレンドを作ったことがないという方はSNSなどでフレンド募集をしてみてくださいね!

おすすめ個体例

きのみタイプのイワーク、ハガネールにおすすめの性格は以下の通りです。

おてつだいスピード型メインスキル型
いじっぱりしんちょう
ゆうかんなまいき
さみしがりおとなしい

またサブスキルとしておすすめできるのがきのみの数S、おてつだいスピードアップ系スキル、スキルレベルアップ系スキルです。

どのポケモンにも言えることですが、おてつだいボーナスなどの金のボーナス系スキルももちろんおすすめできます。

逆に食材確率アップ系スキルはきのみとくいポケモンの良さを損なってしまうことがあるので気を付けましょう。最大所持数アップ系スキルもきのみとくいポケモンには恩恵が少ないです。

タイトルとURLをコピーしました