Paliaに関する記事のまとめはこちら ≫
PR

ポケモンゴープラスプラスを700時間睡眠計測に使ってみた感想

ゲームレビュー

こんにちは!ポケモンGOは基本放置勢のラビです。

ポケモンスリープとポケモンGOの両方で使えるデバイスとしてポケモンスリープリリース時に発売された「ポケモンゴープラスプラス」

名前が長くて言いづらいですね。略してゴプラプラでしょうか。

筆者はポケモンスリープリリース時にヨーロッパにいたこともあり、ポケモンゴープラスプラスを発売日に手に入れることができませんでした…。

8月上旬に入手しこれまでポケモンスリープのために毎日使ってきました。

今回の記事ではポケモンゴープラスプラスを700時間睡眠計測に使ってみたレビューをしていきます♪

今回の記事でわかること
  • ポケモンゴープラスプラスでできること
  • ポケスリで使ってみて良かった点
  • ポケスリで使ってみて気になった点
  • 感想:継続すればするほど良さが出てくる!

©2023 Pokémon. ©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Pokémon Sleep is developed by SELECT BUTTON inc.

当ブログで使用しているゲーム内画像の著作権およびその他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。

ポケモンゴープラスプラスでできること

ポケモンゴープラスプラスはアプリ「ポケモンスリープ」と「ポケモンGO」で使用可能なデバイスです。

ポケモンスリープでできること

ポケモンスリープでポケモンゴープラスプラスを使用すると、日々の睡眠計測をスマホ・タブレットの代わりに行うことができます。

また接続することでポケモンスリープ上にナイトキャップピカチュウがやってきてカビゴン育成のおてつだいをしてくれますよ。

ポケモンGOでできること

ポケモンGOでは自動化デバイスとして機能します。

端末がスリープ状態でもポケストップを回したりポケモンを捕まえたりすることが可能です。

これまでもPokémon GO PlusやモンスターボールPlusなどの自動化デバイスはありましたが、ポケモンゴープラスプラスでは今までのデバイスとは違う要素があります。

それが自動捕獲時に投げるボールを選べるということです!

今までのデバイスではモンスターボール固定でしたが、ポケモンゴープラスプラスでは設定でモンスターボール・スーパーボール・ハイパーボールの3種類から投げるボールを指定することができます。

ポケモンスリープ・ポケモンGO間の連携

ポケモンスリープとポケモンGOを両方使う方にも少しの恩恵があります。

ポケモンスリープ上での恩恵

ポケモンゴープラスプラスを使ってポケモンGOでポケストップを回した数に応じてナイトキャップピカチュウがウブのみをくれます。

ポケストップを回した回数貰えるウブのみの数
1~7回6個
8~15回8個
16~23回10個
24~31回12個
32回以上14個

ポケモンGOでの恩恵

ポケモンスリープで睡眠計測した時間に応じてボーナスが貰えます。

ボーナス例はこんな感じです。

ポケモンスリープで使ってみて良かった点

  • さようなら画面つけっぱなし睡眠計測
  • Type-C充電で便利、電池も長持ち!
  • ナイトキャップピカチュウが役に立つ
  • ピカチュウボイスが可愛い!

さようなら画面つけっぱなし睡眠計測

ポケモンゴープラスプラスを使えば睡眠計測時にスマホ・タブレットでアプリを開いて画面をつけっぱなしにする必要はありません

アプリ上の睡眠計測はスマホ・タブレット端末の寿命が心配な人も多いかと思いますがポケモンゴープラスプラスを使えば心配ご無用ですね♪

アプリを開いたままにしておく必要がないので睡眠計測開始後に突然スマホに電話が入っても対応できますよ。

Type-C充電で便利、電池も長持ち!

ポケモンゴープラスプラスはUSB Type-Cで充電可能です。

スマホやNintendo Switchでの充電に使われている端子なので持っている人も多いのではないでしょうか?

互換性の低いmicro USBや独自の端子ではないので使いやすい印象です。

また、電池の減りがかなりゆっくりで驚きました!

今まで約700時間睡眠計測していますが、数えるほどしか充電した記憶がないです…笑

ラビ
ラビ

ほとんどポケモンスリープのみで使用している筆者の感想です。

ポケモンGOでも使用している場合はもっと頻繁に充電をすることになります。

ナイトキャップピカチュウが役に立つ

ナイトキャップピカチュウは睡眠計測時間に応じてなつき度が上昇します。

チームのポケモンとは違ってレベルはありませんが、なつき度が実質レベルのようなものです。

なつき度が上がると食材のとくせんリンゴリラックスカカオを拾ってきてくれるほか、一度に拾うウブのみや食材の数も増えます。

また最大所持数も増え、おてつだい時間も短縮されていきます。

ちなみに食材追加や数が増えるタイミングですが、私のナイトキャップピカチュウは攻略サイトなどで明記してあるものとは異なっていたので個体差があるのかもしれません。

ラビ
ラビ

攻略サイトではリラックスカカオの解放はなつき度10とありますが、

私の場合はなつき度9でした。

ピカチュウボイスが可愛い!

ポケモンゴープラスプラスの中にはナイトキャップピカチュウが入っています。

睡眠計測を始めると子守唄を歌ってくれたり、計測中にボタンを押すと寝言を聞けたりします♪

子守唄はきらきら星ブラームスの子守唄の2種類から選べます。

アラームを設定することでビリビリしびれる目覚ましボイスで起こしてくれることも!

大谷育江さんの可愛いピカチュウボイスだけでも正直買う価値あります。寝るときにちょっと幸せを感じるので買ってよかったです笑

これらのボイスは設定からOFFにすることもできます。時と場合によって切り替えられるので安心ですよ。

ポケモンスリープで使ってみて気になった点

  • 睡眠時録音機能がないこと
  • 使い始めはゲーム進捗にあまりメリットがないこと

睡眠時録音機能がない

ポケモンスリープの睡眠計測では寝言やいびき、歯ぎしりなどの音を検知して録音する機能があります。

しかし、ポケモンゴープラスプラスには録音機能がありません

いびきや歯ぎしり改善のために計測を行いたい場合は直接端末からアプリ上で睡眠計測をする必要があります。

使い始めはゲーム進捗にあまりメリットがない

ポケモンゴープラスプラスを使用するとポケモンスリープにナイトキャップピカチュウがやってきます。

お手伝いをしてくれるナイトキャップピカチュウは実質6匹目のチームメンバーになりますが、使い始めはあまり性能に期待できません

ナイトキャップピカチュウには「なつき度」というレベルに相当するものがありますが、これは睡眠計測時間とともに上昇していくシステムです。

使い始めはなつき度が低いのでナイトキャップピカチュウのお手伝いは雀の涙ほどです。

感想:継続すればするほど良さが出てくる!

  • スマホ・タブレットの消耗を防げる!
  • 長く使えばナイトキャップピカチュウが頼りになる!

スマホ・タブレットの消耗を防げる

寝ている間も画面をつけたままにしておかないといけないポケモンスリープ。

数週間くらいなら問題ないかもしれませんが毎日続けていたら端末の消耗は避けては通れないです。

ポケモンゴープラスプラスを使えば寝ている間に端末の画面をつけっぱなしにする必要がありません

長く睡眠計測を続けるためにも持っておきたいデバイスです♪

長く使えばナイトキャップピカチュウが頼りになる

睡眠計測を繰り返しているうちにナイトキャップピカチュウは強くなっていきます!

最初は頼りないですが、なつき度が10になる頃にはリラックスカカオを拾ってきてくれる貴重なメンバーになりますよ♪

ちなみに700時間寝たナイトキャップピカチュウ(なつき度13)はこんな感じです。

今後も継続していけばじわじわと強化されていくと思うと楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました