Paliaに関する記事のまとめはこちら ≫
PR

ポケモンファンが話題のパルワールドを遊んでみたレビュー

ゲームレビュー

こんにちは!物心つく頃からポケモンがだいすきなラビです。

2024年1月19日にとあるゲームが配信されネット上ではいろいろと話題になっています。

そのタイトルは「パルワールド」

ゲーム好きな方はSNSなどで見かけたことがあるのではないでしょうか?

今回はパルワールドを巡るネットでの反応とポケモンファンの私が実際にプレイしてみた感想、レビュー記事です。

今回の記事でわかること
  • パルワールドとは
  • パルワールドの話題性について
  • ポケモンファン目線でのパルワールド感想

© Pocketpair, Inc.

当ブログで使用しているゲーム内画像の著作権およびその他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。

パルワールドとは

「パルワールド」は「クラフトピア」を開発した日本のゲーム開発会社「ポケットペア」から発表されたオープンワールドサバイバルゲームです。謎の生物「パル」が暮らす島でサバイバルが始まります。

パルスフィアというモン…ボールを使ってパルを捕獲することで戦闘や労働に使役することができます。

対応ハード

対応ハードは現時点でPC(Steam)とXBOX。

クロスプラットフォームは対応していませんが、同じハード間ではマルチプレイにも対応しています。

パルワールドの価格

パルワールドはSteam版では定価3,400円(税込)、Xbox版では定価3,500円(税込)で購入可能です。

Steamはマウスとキーボードでも遊べますが、やはりコントローラがあると操作が楽です。

パルワールドの話題性について

  • パルがポケモンのデザインに似ている
  • パクリゲームと呼ばれてしまう…
  • しかし発売3日で500万DL突破!

パルがポケモンのデザインに似てる

何が一番話題になっているかというと、作中に登場するモンスター「パル」のデザインがポケモンにかな~り似ていること…。

色合い身体の一部などが特定のポケモンに似ているかも…?というパルがいます。

パクリゲームと呼ばれてしまう…

他にも複数の有名ゲームを模倣しているのではないかという声もあります。

良く言えばオマージュですが、悪く言えばパクリとも受け取れますね…。

本作を以下のように秀逸に表現している方もいます。

でも面白いゲームの面白いところをいいとこ取りしたゲームなんて興味深いですよね!

しかし発売3日で500万DL突破!

上記のようなネガティブな反応も目立ちますが、発売後わずか3日で500万ダウンロード達成という偉業を成しています!

さらに発売から4日目の時点でSteamでの同時接続ユーザー数が185万人を突破というとんでもない数字になっています。

ラビ
ラビ

歴代ゲーム史上2位…!?

無料ゲームではないのにここまでくるのは凄すぎますね!

2月1日にはSteamとXbox合わせて総プレイヤー数が1,900万人を突破しているようです。

ポケモンファンがパルワールドを遊んでみた

20年以上ポケモンを愛してやまない私は若干の不安を覚えつつも、ゲーマーとして話題の本作に興味が湧きました。

しかしやはりネガティブな声もあるので、まずはSNSでパルワールドを遊んでいる人にポケモン好きにもおすすめできるかどうか聞いてみました。

フォロワーさんたちからのお返事は以下の通りでした。

  • ポケモンという聖域に抵触してる
  • ポケモンとは別ゲームとして楽しめる
  • ポケモンはやってないけど楽しい!面白い!
ラビ
ラビ

残念ながらポケモンファンの方はいませんでした。

また、私が普段遊んでいるパリアと比較して、穏やかではない雰囲気もあるのでびっくりするかもというお話もうかがえました。

何やら敵対武装集団に襲撃される、とか…?

意を決して購入

思い切ってSteamでパルワールドを購入してみました。

私が購入したときはリリース直後(1月26日まで)のセールで3,060円!定価の10%OFFでした。

容量は20GB超え…ボリュームがすごそうですね!

ワールドを設定する

ワールド設定ではカスタムを選択して具体的に調整すれば難易度が自由に変更できます。再設定も可能

アクション苦手・反射神経よわよわの私には嬉しいシステムです。

フォロワーさんから教えてもらった「襲撃」というのがありますね。

まずはオンでやってみて経験してからオフにしようと思います。

ラビ
ラビ

ビビリなので…

ワールド設定が終え、ゲームを起動するとキャラクタークリエイトから始まりました。

腕だけムキムキにしたりできるキャラクリです。

今のところ再編集できないそうなので慎重に決めました。

ゲーム開始

いきなり漂流して始まりました。

顔を覗き込むのは御三家…?いや、ヒツジネコニワトリでした。

こちらのヒツジのパルは巷ではウールーと言われているそうですが、私個人としては全然似ていないと思います。

ラビ
ラビ

ヒツジのデフォルメって大体こういうものかな~と。

ムービーが終了したら自由にキャラクターを動かすことが出来ます。

説明がほぼない状態でいきなりゲームが始まるという印象です。

マップ開拓のときのSE気温メーターのデザインがものすごくブレスオブザワイルドでした笑

拠点を作る

そのへんの石や木を集めて装備を作り、資材調達をしました。

集めた資材でパルボックスという捕獲したパルを保存するものを用意します。

これを置いた場所が拠点となり、拠点ではパルたちを作業に当てることが可能です。

働かせすぎると病気になってしまう個体も出てくるのがリアルですね…。

可哀想なので寝床以外にもパルたちを休息させる温泉などの設備も整える必要があります。

仲間を増やす

可愛い仲間を求めてあちこちウロウロしてきました。

メガニ……ヌメ…?ドレディ…いえ、可愛いパルを(何回かボコボコにされながらも)捕まえました♪

こちらはもふもふの色違いイーブ…可愛いのでヨシ!

ゲームを進めているうちに卵を孵化させることができるようになりました。

この子はあまりポケモンっぽくないですね。

でも何故か既視感があるのはそう思い込んでいるからでしょうか?笑

こちらの個体はラヴィ。名前に親近感がもてます。

カービィとかマリオに出てきても違和感なさそう…?

これは建設可能なパルの銅像ですが、すごく、波導の勇者です笑

ラビ
ラビ

パル本体の色は違うのですが、今にも「はどうだん」撃ちそう…

ポケモン好きとしての感想

  • ポケモンとは別ゲームとして面白い
  • ポケモンファンとして気になったこと
  • モヤモヤする人がいるのも分かる

ポケモンとは別ゲームとして面白い

パルは確かにポケモンや他の作品をオマージュしたデザインが散見されるな〜と思いました。

でも完全に一致するかと聞かれれば違うんじゃないかな…という印象です。

似ているけれども絶妙に目新しい。不思議とそう思わせてくるんです。

というのも、パルワールド自体がゲームとして非常によく出来ているから。

システム面も色々なゲームをオマージュしているようですが、全体として確かに面白いです。

美麗なグラフィックからもクオリティの高さがうかがえます。

ただし、パッチワークのように色んな作品の良いところを集めているからこそ、今後はどのように展開されていくのかが予想できません。

アップデートを重ねてパルワールドのオリジナリティがもっと感じられるようになればいいな~と思いました。

とはいえ、とても楽しめました。これからも遊びたいと思っています♪

ポケモンとはモンスターデザインが似ているけれど全くの別ゲームと言っていいと思います。

ポケモンファンとして気になったこと

ゲームとして面白いパルワールドですが、やはりポケモンのように可愛いデザインのパルをプレイヤーが直接攻撃するときはものすごく罪悪感がありました。

プレイヤーがパルに襲われるという点についてはレジェンドアルセウスで経験済みなので抵抗はありませんでした。

ラビ
ラビ

レジェアル好きには刺さるかも…!

捕獲したパルを肉切り包丁で解体することもできますが、このシステムは使用しなくてもゲーム上問題ないので避けたい人は避ければいいかなと思います。

モヤモヤする人がいるのも分かる

パルワールドは面白いゲームですが、ポケモンファンにおすすめできるかと問われれば答えは…うーん…といった感想を持ちました。

やはりゲームシステム的に別物とはいえ、パルのデザインがかなり攻めている点や、パルスフィア(ボール)でパルだけでなく人間も捕獲できたり、解体できたり…というのは違うゲームだと分かっていても苦手意識を抱いてしまう人もいることでしょう。

筆者もポケモンに明るくない知人に「新しいポケモンのゲーム炎上しているらしいね~」と言われてびっくりしました。(もちろん知人が勘違いしていただけなのですが)

ラビ
ラビ

さすがにそれは風評被害…

きっとポケモンファンの中にはパルワールドというゲームそのものが受け付けられないという方もいることでしょう。SNS上では、そこまでいかずともモヤモヤしている方は多いように感じられます。

ただし遊んでみないとわからない良さもあると思うので、気になった方はプレイしてみてはいかがでしょうか?私は後悔しませんでしたよ!

タイトルとURLをコピーしました